『渋響pH7.0』は無事終幕いたしました。
沢山のご来場ありがとう御座いました。


早いもので7年。温泉からいろんなことを教わりつつ続けて参りました。現実かどうかわからない、夢のような二日間になっていれば幸いです。ご来場いただきました皆様、温泉街の皆様、そして今まで支えてくださったすべてのみなさんに感謝。ありがとうございました。

『渋響pH7.0』大入り御礼!

更新情報

2月12日
渋響pH:7.0のウェブサイト公開!
チケットのみの予約も開始!
今後も続々と発表して行きますので、ツイッター@ryoondo_teaFacebook涼音堂ページもチェック!

"渋響" に関するツイート

Facebook 涼音堂茶舗ページ

渋響pH7.0 イベント概要 Overview

開催概要

日時:
4月11日(土)16:00 Open
4月12日(日)10:00 Open
場所:
長野県 渋温泉
11日:臨仙閣(ライヴ+インスタレーション+温泉)
12日:臨仙閣(ライヴ+インスタレーション+温泉)
   金具屋飛天の間(蕎麦打ちライヴ)12:00〜14:00
料金:
宿泊付きチケット:
*各旅館で発売いたします。料金や食事プランは各旅館で異なります。
協賛旅館一覧はこちら

チケットのみの販売:
二日通し券:¥5,500(11日のみの場合も同額)
12日のみ:¥4,000
チケットページの予約フォームからご予約ください。
*代金は当日受付でのお支払いとなります

Overview

Day&Time :
April 11th (Sat) 2015 at 16pm Open
April 12th (Sun) 2015 at 10am Open
Location :
Shibu Onsen, Nagono Prefecture
11th : Live Music, Art Displays and Onsen at Rinsenkaku
12th : Live Music, Art Displays and Onsen at Rinsenkaku
and Soba Noodle Making Live at 12pm – 2pm (at Kanaguya Hiten no Ma)
Admission :
Ticket:
Two Days Pass : ¥5,500 (incl.11th only)
One Day Pass : ¥4,000 (12th only)
Please purchase from the Booking Form of Ticket Page.
*Payment is accepted onsite after the booking

ページトップへ

登録有形文化財、幻の温泉建築『臨仙閣』がまるごとメイン会場!

昭和4年築、金具屋斎月楼のさらに古いプロトタイプであり、2011年に登録有形文化財に認定された幻の宿、臨仙閣
遊郭風の2Fと、蔵の街並風の3Fという、館外の街並が屋内に逆転した戦前の不思議な温泉建築。

『渋響』ではこの臨仙閣の各部屋から大浴場までを信州内外のアーティストが担当し、それぞれインスタレーション作品として出現させます。

湯上がりは作品の中でまったりくつろぎ、そしてまた温泉へ。

渋温泉の象徴・渋大湯でのライヴ
4/11(土)16:00〜

渋温泉の象徴、渋大湯でもライヴを開催。かの名湯に入りながら楽しめます。

九代目自らの案内による金具屋館内ツアー!
4/12(日)11:30〜(人数制限あり)

普段は宿泊しなければまず見る事の出来ない有形文化財でもある温泉建築を、金具屋九代目である若旦那自らの解説による館内文化財ツアーでご案内。
そば打ちライブ会場の飛天の間までご案内します。

※金具屋玄関集合でご入場頂き、そば打ちライブ会場までの文化財を巡る観光ツアーです。
お帰りは蕎麦打ちライヴと同一の飛天の間から石段を下りる順路です。

GoogleMapで金具屋の館内を少しだけ見ることが出来ます。

渋響名物!蕎麦打ちライヴ
4/12(日)12:00〜14:00

今やすっかり渋響の名物。
「歴史の宿金具屋」飛天の間にて地元の須賀川蕎麦集落からそば打ち名人をお迎えして、「蕎麦打ちライヴ」を開催します。蕎麦打ち体験と電子音楽の競演。要するに皆でライヴ聴きながら蕎麦打って食べようという試み。

蕎麦打ちライヴ featuring
須賀川そば

『渋響』でフィーチャーしているお蕎麦は北信州独特の、オオヤマボクチの葉を使ったほろほろの蕎麦。山ノ内町には蕎麦集落である須賀川地区があり、『渋響』ではここから蕎麦打ち名人をお招きしての「蕎麦打ちライブ」を開催します。

芸者ライブ
feat.渋温泉芸者社中(小助+夕霧)

渋温泉の芸者さん、小助さん、夕霧さんのライヴも渋響名物!

「路地の駅 渋饗」はやそば

この地域に伝わる、そば粉を溶いて大根とあわせただけのおやつ。
はやそば保存会の皆さんの手により「路地の駅」に登場!

「路地の駅 安代」DJバー

「路地の駅」が安代エリアにも拡張!渋温泉のお隣「金倉〜安代〜弥勒」地区で結成された「青年部のようなもの」GOLD RELAXが地ビールと地域のおやつをフィーチャーしたDJバーを開催。安代シーンに渦を巻き起こした「路地の駅・安代」今年も登場!

もちろん温泉もあります

『渋響』の主役は湯。ライヴは会場地下に湧くチルアウトの湯と化した幻の名湯を堪能しながら聴ける!渋温泉の宿に泊まると九つの外湯にも入れます。

ページトップへ